>

近い未来に予定されている内容とは

未来への進化とは

2021年にホンダが開発した自動運転技術には、ハンズオフ機能、トラフィックジャムパイロット機能、緊急時停車支援機能にくわえ、HMI機能が加えられています。一般販売ではなく法人リースとしてその性能検証なども続けられており、更なるレベルアップを期待できる予感です。
国土交通省では2025年を1つの目安として、更なるレベルアップを予定しています。そこでは特定条件のもとであれば、自動運転技術が全ての運転タスクを実現し、完全自動運転を行うことができるとされているのです。運転者の判断を必要とせず、全ての運転タスクを自動運転技術が判断するというものです。ただし運転者の存在は必要であり、こうした点を踏まえてもまだまだ自動運転技術には進歩の余力が残されているといえます。

自動運転技術が叶える未来

今もまだ道半ばといえる状況下にある自動運転技術ですが、更に進化することにより、私たちの環境には様々な影響が予想されます。例えば自動運転技術がさらに発達すれば、運転者は必要なくなります。運転者の居眠り、飲酒等といった事件が解消されるでしょう。
さらにAIや情報通信インフラの完全整備によって、危険予測が100パーセント解消されれば、交通事故は劇的に減少し、交通渋滞に解消にもつながります。
また近年、とくに過疎地域で問題とされている高齢者の移動手段。運転免許証の返納などといった諸問題も、自動運転技術が進歩することで解消させることが可能です。ドライバー不足、エネルギー資源の問題も、必要なエネルギーを効率よく稼働させるAI技術によって解消させることもできましょう。


この記事をシェアする