>

夢を形にする自動運転の発展

実現している技術とは

自動運転技術と一言でいっても、その技術は幅広くあります。国土交通省では自動運転技術を5つのレベルに分けています。自動運転技術は、運転支援技術、自動運転技術の進化と普及として、段階を経て区分けされ、これまでは特定条件下での自動運転機能として、例えば車線を維持しながら前の車について走ることや高速道路などの特定の条件下で遅い車を自動で追い越し高速道路の文合流を自動で行うというレベルまでのものが普及していました。
2021年にホンダが開発した自動運転技術では、これまでのレベルを超え、システムが全ての自動タスクを実施するが、システムによる介入要求次第ではドライバーが対応することも必要というレベルにまで挙げられています。とはいえ、まだまだ自動運転技術のすべてのタスクをクリアした技術の車両が普及されている状況には有りません。

自動運転技術のタスクとは

そもそも完全なる自動運転技術のタスクとはどのようなものか。一般的には自動運転を実現するために必要なのは10の最新技術だとされています。
位置の把握、認識、人工知能の搭載、危険予測、目標や計画などのプランニング、ドライバーのモニタリング、衛星通信環境、HMI、サイバーセキュリティからの保護、データの処理です。
この1つでも足りないと、安全な運転はできないどころか、渋滞を引き起こし安全な道路環境を維持することさえできないとされているのです。
とくにHMIはヒューマンマシンインターフェイスといい、人と自動運転の相互間のやり取りをスムーズにする技術です。咄嗟の目的地変更や車内温度の管理など、居心地の良さに対する配慮も自動運転技術には欠かせません。


この記事をシェアする